【芸能】男性アイドルの結婚 ”祝福できないのは本当のファンじゃない論”の行方

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/11/24(日) 09:40:21.52 ID:Ki3inrG99.net
11月12日、嵐の二宮和也(36)が、かねてより交際していた元フリーアナウンサーの一般女性Aさん(38)との結婚を発表。

翌13日には、嵐メンバーの櫻井翔(37)が「この度の二宮の決断に関し、中学生の頃に出逢った幼馴染みの一人としては、幸せになって欲しいと願うばかりです」と、相葉雅紀(36)も「戦友でもあり、大好きな親友です。親友の選んだ道です。二宮和也に幸あれ!!!!!」と、祝福コメントを出している。

一方、大野智(38)と松本潤(36)は、二宮の結婚について、いまだに沈黙をつらぬいている。

11月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によると、大野、櫻井、松本の3人は、来年末の活動休止を待たずに、二宮が結婚することに猛反対していたという。

12日の結婚発表の当日、フジテレビで『VS嵐』の収録が行われたものの、5人は結婚に触れることはなかった。また、番組スタッフに対しても、二宮以外の4人の前で「おめでとう」と言わないよう通達があったと『週刊文春』は報じている。

「櫻井は『news zero』(日本テレビ系)の月曜キャスターを務めているため、キャスターとしてコメントを求められることもある。それで事前に公式コメントを出したのでしょう。一方、相葉は二宮と現在も仲がよく、10月28日に行われた『年賀状 新CM発表会』にも2人で出席しているぐらい。何より嵐というグループを大事にしていることもあり、コメントを出すのも納得です。

ただ、リーダーの大野が、二宮の結婚に反対していたというのは少し驚きです。何しろ嵐の活動休止を提案したのは大野自身。二宮も何が何でも結婚したいという思いから、大野の意見に賛同したといいます。つまり、嵐の活動休止について2人の意見は一致していた。それは、嵐の公式SNSについての考え方も、大野と二宮は同じだといいます」(芸能記者)

■自由になりたい大野、やりたい人がやればいい二宮

活動休止を前に、SNSやYouTube、サブスクリプション解禁など、嵐はウェブでの展開にも積極的に乗り出している。

これまでジャニーズ事務所はウェブ展開に消極的だったものの、昨年末で芸能界を引退し、ジャニーズアイランド社長、そして9月にはジャニーズ事務所副社長に就任した滝沢秀明(37)の方針で、今後はウェブにも力を入れることになるという。

その第一弾が嵐だったと、11月21日発売の『女性セブン』(小学館)では報じている。

記事によると、滝沢は「嵐の活動休止後も、それぞれがSNSを継続し、近況を伝えてはどうか」と考えており、松本もこれに同調。「ファンへのお礼」「ファンを安心させることができるなら」と、意欲的だという。

一方で、自由な生活を求め、活動休止後に芸能界を離れるとされる大野は、SNSを続けることに反対の立場だという。

「そしてもう1人、SNS継続に反対しているのが二宮だといいます。

二宮は活動休止後、“個々での活躍をテレビや映画で見てもらいたい”“SNSは強制せず、やりたい人がやればいい”というスタンスだと『女性セブン』では伝えています。ここでも大野と二宮の意見は一致している。そして、嵐の活動休止後、活動再開の可能性についても、2人は“基本的にはない”という考えで一致しているとも聞こえてきています。

にもかかわらず、大野が二宮の結婚に猛反対した背景には、来年末の活動休止までは、国民的アイドルの嵐、そして嵐のリーダーとしての役割を全うする、という思いがあったからではないでしょうか。メンバーの反対を振り切って結婚に突き進んだ二宮は、大野の思い、決意を踏みにじってしまったのかもしれないですね……」(芸能レポーター)

二宮の結婚発表以降、“不協和音”が報じられる嵐の5人。来年末の活動休止まで、もう一波乱二波乱がないことを願いたいが……。

http://dailynewsonline.jp/article/2089311/?page=3
2019.11.24 07:10 日刊大衆

0件をまとめました。
最新情報はこちら