Archive for the 'ガチンコ比較コンテンツ' Category

ギガーンと使えるねっとのガチンコ比較

6月 27th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


ギガーンと使えるねっと

ギガーンと使えるねっとについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

どちらもビジネス志向のレンタルサーバーとして知られています。
アフィリエイトではそこまで利用されていませんが、
ネットショップやECサイトを作る場合こういったサーバーをお勧めします。

※ギガーンは、ギガーン50プランを基準にお伝えします。
※使えるねっとは、アドバンスプロプランを基準にお伝えします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


ギガーンと使えるねっとの機能比較

比較項目 ギガーン 使えるねっと
サーバー容量 50GB 250GB
CMSインストール機能 ×(多用なプログラムの動作確認はOK)
ドメイン設定数 3個 無制限
データベース数 30個 50個
データベース容量 40GB 容量制限は特に無い(サーバー容量内)
cron機能 ×
サイボウズ等のビジネスプログラム インストール代行がある 各自インストールが必要
機能的に比較してみると、サーバー容量では、共に50GB以上と大容量となっています。
勿論、容量は大きい方が良いですが、どちらもビジネス利用でも申し分ありません。
共にマルチドメイン対応としてますが、ギガーンでは3つまでとなっており、
使えるねっとでは無制限に追加設定可能です。

個人使用する場合は、無制限に追加設定できる方が良いですが、
ドメイン設定数、サブドメインの設定数などに制限を設けることで、
安定したサーバー運用ができます。

ビジネスサーバーとしてはより安定した環境や信頼度、
セキュリティの強化を第一に考えていると思いますので、
そういった点では、ギガーンは非常に良い設計となっています。

また、国産ショッピングカートシステムとして人気のEC-CUBEやサイボウズ、Open PNEなどの
ビジネスプログラムをインストール代行してくれるサービス(オプションです)があるのも、
ギガーンの特徴の一つです。

また、ギガーンは、メールサポートだけでなく、電話サポートがあります。
一方で、使えるねっとでは緊急用で電話サポートがついています。

基本的にはどのサーバー業者もメールでの対応が多いですが、
電話での対応をきちんとしてくれるのも信頼される要因の一つですね。

ギガーンの最大の特徴として、商用専用のメールフォームが利用できるという点です。
ネットショップやECサイト等を運営する場合、利用することで信頼度はアップします。
使えるねっとでは、そういったサービスはありません。


ギガーンと使えるねっとのサービス・操作性比較

管理画面の操作に関して比較してみると、
ギガーンと、使えるねっとは同様のコントロールパネル設計となっています。
というのは、土台にあるサーバー管理プログラムに、
人気のコントロールパネル『Plesk』を採用しているからです。

使いやすさに関しては、同じですが、他社の管理画面と比較すると、
初めての方ですと少しなれるのに時間がかかるかと思います。
ただ、ビジネスで利用するには、もってこいの管理画面です。


ギガーンと使えるねっとの価格比較

サーバーの運営費、ランニングコストで両者を比較してみると、
まず、ギガーンでは、初期費用に10500円、月額費用が2520円(年間契約)となっています。
一方で使えるねっとでは、初期費用が1050円、月額費用が1580円(年間契約)です。

両者を比較してみて、やはりギガーンの方がビジネス用途向けに設計されていることから、
値段もそれ相応に高く設定されています。

使えるねっとは、個人でも中級者~上級者にはもってこいのレンタルサーバーとなっています。

ギガーンを選ぶ方 使えるねっとを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

コアサーバーとさくらレンタルサーバのガチンコ比較

6月 27th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


コアサーバーとさくらレンタルサーバ

コアサーバーとさくらレンタルサーバについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

コアサーバーとさくらレンタルサーバは、
どちらもアフィリエイトで利用している方は、多いと思いますが、
細かく調べていくとどっちにしておくと良いのかが分かります。

※コアサーバーは、CORE-Aプランを基準にお伝えします。
※さくらレンタルサーバは、スタンダードプランを基準にお伝えします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


コアサーバーとさくらレンタルサーバの機能比較

比較項目 コアサーバー さくらレンタルサーバ
サーバー容量 15GB 10GB
CMSインストール機能 ×
ドメイン設定数 無制限 20個
データベース数 無制限 1個
データベース容量 容量制限は特に無い 500MB程度
cron機能
オリジナルサブドメイン 10個まで設定可能 3つまで設定可能
メール送受信数 1万通/一日(上限) 250通/15分
機能的に比較しますと、サーバー容量で言えば、コアサーバーの方が5GB大きいですね。
サーバー容量は10GBあれば、個人使用の場合よっぽど動画等のアップロードをしない限り、
容量が上限までいくことは有りません。

アフィリエイトでも数百サイトを作っても10GBまで行くことはありません。
(※サイトで使用する画像等の大きさにもよりますが)
サーバー容量はどちらも十分だと思っていただければ結構です。

さて、ドメイン設定数でみると、コアサーバーの、無制限に追加可能なのは魅力です。
特にサイトアフィリエイトですと必須だと私は思います。

勿論、20個で十分だと思う方もいると思いますが、
多いことに越したことはありませんからね。の点はさくらレンタルサーバよりも、
コアサーバーの方がお勧めですね。

データベース機能においても、数が無制限というのもコアサーバーの魅力の一つです。
一方でさくらレンタルサーバは、一個しかありませんからね。

ここまでで言うと、コアサーバーの方が良いかなと思うと思いますが、
実際のところ、さくらレンタルサーバの方が認知度がありますし、信頼度や操作性の面で、
圧倒的に初心者向けであるのは事実です。

そこまで機能を重視しないのであれば、
初めてレンタルサーバーを利用する場合は、さくらレンタルサーバをお勧めします。


コアサーバーとさくらレンタルサーバのサービス・操作性比較

先ほども機能面でお伝えしましたが、コアサーバーでは、管理画面が、少し難しいです。
サーバー管理になれている方なら問題ないんですが、初めてとなると、
操作の段階で躓いてしまうことがあります。

一方でさくらレンタルサーバでは、そういったことはなく、初めての方でも
十分操作できる簡単な設計となっているのも人気の一つです。


コアサーバーとさくらレンタルサーバの価格比較

サーバー管理にかかる費用で比較してみると、実は、コアサーバーと、
さくらレンタルサーバは、月額費用も初期費用も同じです。
月額500円で年額の場合5000円となっています。
初期費用は、共に1000円です。

価格は同じですので、後は、機能でとるか、使いやすさでとるかだと思います。
まずは、お試しで利用してみるのもいいと思いますよ。

コアサーバーを選ぶ方 さくらレンタルサーバを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

さくらレンタルサーバとミニムのガチンコ比較

6月 27th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


さくらレンタルサーバとミニム

さくらレンタルサーバとミニムについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

どちらもアフィリエイトに十分利用できますし、
個人レベルでも多くの人が活用しています。
で、どっちにしようか迷うわけですが、調べていけば、違いはあります。

※ミニムは、BIGプランを基準にお伝えします。
※さくらレンタルサーバは、スタンダードプランを基準にお伝えします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


さくらレンタルサーバとミニムの機能比較

比較項目 さくらレンタルサーバ ミニム
サーバー容量 10GB 3GB
CMSインストール機能 ○(※WPとEC-CUBEのみ)
ドメイン設定数 20個まで設定可能 100個まで設定可能
データベース数 1個(Mysql) 10個(Mysql)
データベース容量 500MB程度 容量制限は特に無い
cron機能 ×
オリジナルサブドメイン 3つまで設定可能 5つまで設定可能
機能的に比較してみると、結構異なっている点があるのが分かると思います。
サーバー容量で言えば、さくらの方が圧倒的ですが、
ドメイン設定数で言えば、ミニムが大幅に自由度があります。

どちらを選ぶかは、サーバーの利用の仕方により決まると思いますが、
どちらもアフィリエイトを十分行える環境ではあります。

ただ、独自メルマガ配信等を行う場合や、MTやWP等で予約投稿したい場合、
サーバー側でcron機能は必要となってきます。
ミニムではcron機能がありませんので、その場合はさくらを選ぶ方が良いでしょう。

一方でデータベース数が少ないというのが、
さくらレンタルサーバの難点の一つではないでしょうか?
実際に当方でも利用している経験上、これは改善して欲しい点の一つですね。

また、さくらレンタルサーバでは、FTPS(暗号化通信)が出来るのに対して、
ミニムではそういった機能がありませんので(現時点で)、お気をつけてください。
最近のガンプラー対策をするのであれば、さくらをお勧めします。


さくらレンタルサーバとミニムのサービス・操作性比較

コントロールパネル(管理画面)の使いやすさについて比較してみると、
どちらも初めて利用される方でも迷うことなく操作することができる、
簡単な設計となっているので安心ですよ。
※どちらもサーバーの使用マニュアル(オンラインでの)もあります。

ただ、独自ドメインを設定する際は、ミニムの方が若干簡単かなと思います。


さくらレンタルサーバとミニムの価格比較

どちらも格安のレンタルサーバーですが、
月額費用で比較してみると、さくらレンタルサーバの場合、500円(年額だと5000円)。
ミニムは、月額350円(6ヶ月以上で)となっており、ミニムの方がお値打ちとなっています。

どちらも2週間ほどの無料お試し期間がありますので、一度ご利用になってみて、
どちらにするのか決めるのも良いと思いますよ。

さくらレンタルサーバを選ぶ方 ミニムを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

ミニムとクイッカ(Quicca)のガチンコ比較

6月 15th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


ミニムとクイッカ(Quicca)

ミニムとクイッカ(Quicca)について、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

ミニムもクイッカもレンタルサーバーの中では、
格安の部類に入ると思いますが、機能も優れており、
個人ユーザには人気があります。

※クイッカ(Quicca)は、一番人気のスタンダードプランを基準にお伝えします。
※ミニムは、BIGプランを基準にお伝えします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


ミニムとクイッカ(Quicca)の機能比較

比較項目 ミニム クイッカ(Quicca)
サーバー容量 3GB 1.5GB
CMSインストール機能 ○(※WPとEC-CUBEのみ) ありません(個別マニュアルは有り)
ドメイン設定数 100個 無制限
データベース数 10個 5個
データベース容量 容量制限は特に無い 容量制限は特に無い
cron機能 ×使用できません △※有料オプションで可
オリジナルサブドメイン 5つまで設定可能 有りません
ミニムとクイッカは、格安サーバーという点で同じですが、
サーバーのサービス内容は実に異なっており、当然ながら、
利用する目的により選ぶ必要があります。

というのは、ミニムは、格安というだけでなく幅広い料金プランから、
機能が拡張していくのが特徴で、ユーザの利用によりプランを変更することが出来ます。
ドメイン設定数には制限がありますが、それでも大きなサイト群は十分作成可能です。

一方でクイッカは、ジャストフィットサーバーというのがコンセプトであり、
余分な容量を極力押さえ、ユーザが利用する分の環境を用意しているサーバーです。
また、運営会社がアフィリエイトをするユーザへの要望を聞いてくれるうれしいサーバーです。

サーバー容量

ミニムのサーバー容量はプランによって異なりますが、BIGプランでは、3GBあります。
一方でクイッカでは、1.5GBとなっていますが、サーバー容量の追加オプションがあり、
容量を最大で2.5GBまで大きくすることが可能です。
サーバー容量だけ見れば、ミニムの方がお勧めです。


データベース容量・数

データベース機能で比較してみると、ミニムでは、MySQLは10個利用可能です。
一方で、クイッカでは、5個となっています。

容量制限はどちらもありませんが、共有サーバーですので、
負荷のかかるような利用にはご遠慮するほうがいいでしょう。

どちらのサーバーにしてもCMSを複数利用することができますが、
サーバー容量がどちらも大きく有りませんので、
ファイルサイズの大きいものは、控える必要があるでしょう。


バックアップ機能

共有サーバーであっても、バックアップ機能は必要なところですね。
いざって時に限ってしか、こういった機能は役立つものではありませんが、
あるほうが安心できますよね。

ミニムでは、バックアップ機能はございません。
ですので、各自でバックアップを取る必要があります。
一方で、クイッカでは、オプションでバックアップ取得をすることができます。

正直なところ、このオプション料金は、月額制ですので、
オプション料金を払うなら、自分で定期的にバックアップをとるほうがいいと思います。


ミニムとクイッカ(Quicca)のサービス・操作性比較

ミニムのコントロールパネルは、非常にすっきりしていて、操作しやすいです。
迷うことはほとんどありませんし、直感的な操作は十分可能です。
勿論、ドメイン追加設定も簡単に行えます。

一方で、クイッカは、少し英語表現があり、難しいと感じてしまう方もいると思います。
ただ、慣れれば簡単ですので、心配はありません。
また、今後より扱いやすく改善するという話もあります。
アイコンで操作可能ですので、アイコン好きな人はいいと思いますよ。


ミニムとクイッカ(Quicca)の価格比較

ミニムの月額費用は、350円~(BIGプラン)となっており、
非常にお値打ちです。一方でクイッカのスタンダードプランは、
490円となっています。

ミニムの初期費用は、1000円、クイッカでは、2000円です。
また、クイッカでは、よくキャンペーンをしており、
初期費用が安くなったりしますので、公式ページでチェックしてみてください。


ミニムを選ぶ方 クイッカ(Quicca)を選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

ミニバードとステップサーバーのガチンコ比較

6月 13th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


ミニバードとステップサーバー

ミニバードとステップサーバーについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

ガチンコ比較ということで、レンタルサーバーを選ぶ際に、
チェックするであろう項目について、
それぞれを比較し当サイトからのコメントお伝えします。

※ステップサーバーは、一番人気のスタンダードプランを基準にお伝えします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


ミニバードとステップサーバーの機能比較

比較項目 ミニバード ステップサーバー
サーバー容量 15GB 1.5GB
CMSインストール機能
ドメイン設定数 2個までサブドメインは50個 1個までサブドメインは10個
データベース数 5個 1個
データベース容量 容量制限は特に無い 容量制限は特に無い
cron機能
DNSレコード編集
acmailer『メルマガ配信プログラム』 × 無料で利用可能
ミニバードとステップサーバーですが、共にマルチドメイン対応ですが、
設定できる独自ドメインの数、サブドメインの数は異なっており、制限もあります。
ということで、ドメインをどんどん追加する場合は、共に向いていません。

ただ、両者とも非常に低価格での利用が出来るので、
ちょっとしたサイト運営に利用したり、小規模・中規模サイトに多く利用されています。

さて、機能面について以下の項目に従い、比較していきたいと思います。


サーバー容量

サーバー容量は、様々なファイルをアップロードしたりする際の大きさをさすものですが、
ミニバードでは、格安でありながら、15GBもあります。
一方でステップサーバーでは、1.5GBとなっています。

サーバー容量で言えば、ミニバードが圧倒しているわけですが、
利用の仕方によっては、ステップサーバーでも十分に活用できます。

どのように利用するのか?により選んでみるといいでしょう。
勿論、動画などファイルサイズが大きいものをよくアップロードしたい場合は、
当然ながら、ミニバードということになります。


データベース容量・数

どちらも格安サーバーですが、データベース機能を活用して、MTやWPを利用することは可能です。
データベースの数でいうと、ミニバードでは5つですが、
ステップサーバーでは、1つしか用意されていません。
容量に関しては、どちらも無制限となっていますが、利用にはお気をつけてください。

どちらも簡単にインストールすることが出来るサービスがついているので、
初めて利用される方にもお勧めできます。

ただ、CMS(WPやMTなど)は、基本的には1つのデータベースにつき、
1つしかインストールすることができません。
ですので、長期的に考えて、いくつか利用する場合は、数の多いミニバードにするとよいでしょう。


DNSレコード編集機能

どうちらもDNSレコード編集は、コントロールパネルで行うことは出来ません。
ミニバードの場合、専用のドメインサービス『スタードメイン』等で編集することになります。

ステップサーバーでは、専用のサービスがありますが、他社のドメインサービスを利用されると、
ネームサーバーが異なるためレコード編集が出来ない可能性がありますのでご注意ください。


独自メルマガ配信プログラム『acmailer』

ステップサーバーでは、独自メルマガが配信することが可能なプログラム『acmailer』が、
無料でインストールすることが可能で、利用できます。

ステップサーバーでのメールでの送受信数も非常に優れており、
この点は、ミニバードにはありませんので、メルマガ等を利用される場合は、
ステップサーバーを一度お試しいただくといいと思います。


ミニバードとステップサーバーのサービス・操作性比較

コントロールパネルについて比較してみると、ミニバードは、ネットオウル社が運営しており、
その他のホスティングサービス(クローバー、ファイアーバード)と同様、
コントロールパネルは独自の設計となっており、個人ユーザに極めて使いやすい設計となっています。

ステップサーバーも、設計は同じ系列の美ら海レンタルサーバーと同様の設計となっています。
非常に見た目も分かりやすく、すんなり操作できると思います。
ドメインの追加設定等の良く利用する操をも、
迷うことなくできるのが個人ユーザにとってはポイントですよね。


ミニバードとステップサーバーの価格比較

最後に価格での比較をすると、ミニバードでは月額費用が263円と非常にお値打ちです。
一方で、ステップサーバーでも、250円とさらに安いです。

ここまで格安ですと、値段よりも機能や使いやすさ、好みで選ぶことお勧めします。
また、安いですし、お試し利用をするのもいいでしょう。

ミニバードを選ぶ方 ステップサーバーを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

お名前.com共有サーバーとアイル(Infinito PLUS)のガチンコ比較

6月 13th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


お名前.comとアイル(Infinito PLUS)

同じGMOインターネットが運営する、二つのホスティングサービス、
お名前.comの共有サーバーとアイル(Infinito PLUS)について、
どこがどう違うのか?詳しく比較していこうと思います。

機能面や、操作のしやすさ、価格等でそれぞれ比較していきますが、
それに伴い、当サイトからのコメントも記載させていただきます。

一つの参考資料としてご利用になれば幸いです。
※Infinito PLUSは、iNP-02プランを基準にお伝えいたします。


お名前.com共有サーバーとアイル(Infinito PLUS)の機能比較

比較項目 お名前.com共有サーバー アイル(Infinito PLUS)
サーバー容量 100GB 120GB
モバイル転送機能 ×
CMSインストール機能
ドメイン設定数 無制限 無制限
データベース数 無制限 無制限※バージョン5
データベース容量 1MySQLにつき500MB 容量無制限
バックアップ機能
アプリケーションプール機能 ×
基本的に、同じようなサービスに思いますが、調べていくと異なる点は沢山あります。
個人向けというよりかは、ビジネス利用度が強いサーバーではありますが、
アフィリエイトで利用している方は大勢いるのも事実です。

基本的に、マルチドメイン無制限、データベース機能も豊富ですので、
大きなサイト群は、自由に展開することが可能です。

お名前.comでは、モバイル転送機能があったり、電話サポートもついてます。
しかし、アイルではそういったサービスは有りません。その点は、お勧めいたしますね。
人気度で言えば、こちらのサーバーの方があるのも事実ですね^^

一方で、アイルは、MTの1ライセンスが無料で利用できるというサービスもあり、
MTやWP等のアプリケーションを利用するサーバー領域を共有サーバーでありながら、

ユーザ一人につき1つ専用のアプリケーションプールが用意されています。
これにより、MTなどの操作の快適性を上げているというのは非常に評価できます。


お名前.com共有サーバーとアイル(Infinito PLUS)のサービス・操作性比較

操作性、管理画面について比較すると、使い勝手で言えば、
どちらも使いやすい設計になっていますが、個人で利用される場合は、
お名前.comのコントロールパネルの方が直感的に操作できると思います。

アイルのコントロールパネルは、サーバーの扱いに慣れている方ですと、
複雑な操作が可能ですので、目的次第では利便性の高いサーバーではあります。


お名前.com共有サーバーとアイル(Infinito PLUS)の価格比較

最後に価格で両者を比較してみましょう。
月額費用で言えば、お名前.comの共有サーバーでは、1,365円となっています。
アイルでは、1,470円となっているので、価格においてもそこまで変わりはありません。

ただ、アイルの場合は、一つしたのプランでは月額735円ですので、
使いようによってはお勧めします。

初期費用では、どちらもキャンペーン等で無料になる場合がありますので、
公式ページをチェックすると良いでしょう。

お名前.com共有サーバーを選ぶ方 アイル(Infinito PLUS)を選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

ギガレンタルサーバーと美ら海サーバーのガチンコ比較

4月 18th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


ギガレンタルサーバーと美ら海サーバー

ギガレンタルサーバーと美ら海サーバーについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

ガチンコ比較ということで、レンタルサーバーを選ぶ際に、
チェックするであろう項目について、
それぞれを比較し当サイトからのコメントお伝えします。

※ギガレンタルサーバーは、20Gプランを基準にお伝えいたします。
※美ら海サーバーは、Blueプランを基準にお伝えいたします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


ギガレンタルサーバーと美ら海サーバーの機能比較

比較項目 ギガレンタルサーバー 美ら海サーバー
サーバー容量 20GB 5GB
CMSインストール機能
ドメイン設定数 無制限に設定可能 無制限に設定可能
データベース数 無制限に追加可能 無制限に追加可能
データベース容量 ディスク容量内で無制限 ディスク容量内で無制限
cron機能
DNSレコード編集 ×
acmailer『メルマガ配信プログラム』 × 無料で利用可能
共に、ドメイン設定数、データベース数・容量、メールアドレス数は、無制限に追加設定可能です。
ということで、自由度があり、個人ではお勧めするサーバーです。

ですが、やはり個別に機能を見ていくと違いは、当然あります。
どこが違うのか?どういったところが融通が利くのか?利かないのか?
個々で目的や使用環境が異なると思いますので、参考にしてください。

サーバー容量

サーバー容量で比較してみると、ギガレンタルサーバーでは、20GBですが、
美ら海サーバーでは、5GBとなっています。(blueプランでは10GB)
大容量で、長期的に利用したいという場合は、料金プランによって、
最大で80GBまで増やせるので、ギガレンタルサーバーをお勧めします。

なんだかんだで、画像や動画をアップしていると、サーバー容量はどんどん膨らんでいきます。
といことで、容量は多いことに越したことはありません。

データベース容量・数

どちらも、データベース機能に関しては全般的にほとんど変わりません。
ただ、どちらもサーバーの各容量内で無制限となっていますが、
共有サーバーである以上、負荷を与える利用をされる場合、制限されることになります。
これは、互いにメールで確認しているので、確かです。

DNSレコード編集機能

使う人は使うDNSレコード編集機能ですが、
ギガレンタルサーバーは、サーバー側で変更してくれるので、一応できます。
ですが、美ら海サーバーでは、こういった機能は法人プランしかありません。
ですので、G-mailを独自ドメインで利用することができませんので、お気をつけてください。

バックアップ機能

ギガレンタルサーバーでは、バックアップ機能がついており、
MySQLデータベース 、Eメール転送設定 、Eメールフィルタ設定までバックアップが可能で、 
さらに、復元機能もついており、一発で復旧させることができます。

一方で、美ら海サーバーは、そういった機能はありません。
ということで、各自個別でバックアップする必要があります。少し惜しいですね。

acmailer『メルマガ配信プログラム』

これは、メルマガを利用される方に非常にお勧めしたいプログラムなんです。
acmailerは、サーバー環境を無視すれば、1万通でも配信可能な優れものです。
メルマガ配信スタンドを有料でレンタルする方法もありますが、
独自でサーバー型のプログラムを利用するのも経済的にいいと思います。

ということで、このacmailerを美ら海サーバーでは、無料で利用できます。
一方ギガレンタルサーバーでは、そうったサービスは有りません。


ギガレンタルサーバーと美ら海サーバーのサービス・操作性比較

コントロールパネルに関して言えば、どちらも簡単に操作できる優しい設計となっています。
ですが、美ら海サーバーでは、操作できる範囲(コマンド)が結構限られていまして、融通が利かない部分も少しあります。

一方で、ギガレンタルサーバーは、アイコン型となっていて、全てがアイコン操作で可能です。
さらん、操作自由度が非常に高いので、上級者でも満足できる管理画面だと思います。


ギガレンタルサーバーと美ら海サーバーの価格比較

最後に価格で比較してみると、ギガレンタルサーバーでは、一年契約すると、
月額換算で、749円で利用することができます。ここまでの高機能で、この価格はものすごいです。

一方で、美ら海サーバーでは、月額980円となっています。
メルマガ配信する方の場合、acmailerを利用できることを考えると、
お得だと思います。メルマガ配信専用で利用する感覚でもいいですしね。

ギガレンタルサーバーを選ぶ方 美ら海サーバーを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)のガチンコ比較

4月 6th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)

ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)について、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

ガチンコ比較ということで、レンタルサーバーを選ぶ際に、
チェックするであろう項目について、
それぞれを比較し当サイトからのコメントお伝えします。

※ギガレンタルサーバーは、X10プランを基準にお伝えいたします。
※レンタルサーバーは常に更新していますので、公式ページのチェックをお忘れなく


ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)の機能比較

比較項目 ギガレンタルサーバー ヘテムル(heteml)
サーバー容量 20GB 10GB
データ転送量 一定の制限があります 一日10GB
CMSインストール機能
ドメイン設定数 無制限に設定可能 無制限に設定可能
データベース数 無制限に追加可能 50個
データベース容量 ディスク容量内で無制限 容量制限は特に無い
cron機能
DNSレコード編集
ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)は共に、マルチドメイン対応ですので、
アフィリエイトや個人でサイトを複数運営される方には、お勧めできるサーバーです。
ドメイン設定数も、無制限に追加設定できますので、この点も問題ありません。

この二つのレンタルサーバーの違いを上記表にまとめてみました。
それぞれの項目や際立つポイントに対して、当サイトからの比較コメントを以下にまとめてみました。

サーバー容量

サーバー容量に関しては、ヘテムルは10GBとなっていますが、
ギガレンタルサーバーの場合、料金プランを選ぶことで、
お好みの容量(20GB~80GB)を選ぶことが可能ですので、
10GB以上欲しいという場合は、こちらがお勧めです。

データベース容量・数

データベース機能で比較すると、正直そこまで違いはありません。
あるのは、数のみです。容量的には、どちらも制限をつけていません。
これは、あくまで共有サーバーの許容以内でという意味ですが、
サーバー全体に負荷を与える場合は、当然そういった措置はなされます。

データベースの数で言えば、ヘテムル(heteml)は、50個となっていますが、
ギガレンタルサーバーでは、無制限に追加設定可能です。
長期的に見て、どちらも問題ありませんが、データベースのバックアップ機能のある、
ギガレンタルサーバーの方がいいかもしれません。

DNSレコード編集機能

これは、どちらもコントロール管理画面からは操作できませんが、
ギガレンタルサーバーでは、サーバー側に連絡することで編集可能です。
一方で、ヘテムル(heteml)はドメイン取得サービス(ムームードメイン)で編集する必要があります。
特別必要な機能ではありませんので、気になる方はチェックしておくとよいでしょう。

バックアップ機能

ヘテムル(heteml)は基本的にコントロールパネルよりバックアップ機能はついていません。
データベースに関しては、phpMyAdmin等で各自していただく形です。
一方で、ギガレンタルサーバーでは、バックアップ機能がついており、
MySQLデータベース 、Eメール転送設定 、Eメールフィルタ設定までバックアップが可能で、 
さらに、復元機能もついており、一発で復旧させることができます。


ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)のサービス・操作性比較

レンタルサーバーを利用するにあたり、重要になるのがコントロールパネル(管理画面)の操作性です。
これの好き嫌いにより、サーバーを引っ越すなんてこともあるくらいですので、
自分に合ったものを選ぶことが、サーバー選びの基本です。

ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)では、当然ながら、管理画面の設計が全然違います。
ですが、使いやすさでみれば、どちらも問題ありません。
初めての方でも十分利用できる具合に配慮されていますし、マニュアルもついています。

ただ、シンプルな管理画面は?と言われると、ヘテムル(heteml)だと思います。
ギガレンタルサーバーの場合、アイコンによる操作になりますので、
PCが苦手という方には楽に操作できると思います。


ギガレンタルサーバーとヘテムル(heteml)の価格比較

最終的な判断の基準になるのが、価格ですよね。
ヘテムル(heteml)では、月額料金が、1500円と割と高いです。
高機能ですし、デザイン関係の高機能なツールもタダで使えるというのがメリットです。

一方で、ギガレンタルサーバーでは、月額費用が年間契約の場合、749円と非常にお値打ちです。
さらに、クレジット決済の場合、初期費用はタダですので、
1万円以下で年間管理できるのがホントに個人としてはありがたいですね。

ギガレンタルサーバーを選ぶ方 ヘテムル(heteml)を選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

エックスサーバーとギガレンタルサーバーのガチンコ比較

4月 4th, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


エックスサーバーとギガレンタルサーバー

エックスサーバーとギガレンタルサーバーについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

ガチンコ比較ということで、レンタルサーバーを選ぶ際に、
チェックするであろう項目について、
それぞれを比較し当サイトからのコメントお伝えします。

※エックスサーバーは、X10プランを基準にお伝えいたします。
※ギガレンタルサーバーは、10Gプランを基準にお伝えいたします。


エックスサーバーとギガレンタルサーバーの機能比較

比較項目 エックスサーバー ギガレンタルサーバー
サーバー容量 20GB 20GB
データ転送量 60GB/月 一定の制限があります
CMSインストール機能
ドメイン設定数 無制限に設定可能 無制限に設定可能
データベース数 5~30個 無制限に追加可能
データベース容量 50~100MB ディスク容量内で無制限
cron機能
DNSレコード編集
エックスサーバーとギガレンタルサーバーは、共にマルチドメイン対応のレンタルサーバーです。
さらに、独自ドメイン・サブドメイン共に無制限に追加設定が可能です。この点だけで言えば、同評価です。
また、ドメイン追加のしやすさといった部分に関しても、違いはそこまでありません。

ただ、少し好みがあると思います。
エックスサーバーの管理画面の方が良い!と言う方もいるでしょう。
わかりやすいアイコンが多いギガレンタルサーバーの方が良い!と言う方もいるでしょう。

さて、表で比較した部分について以下のように比較コメントをご用意しました。

サーバー容量

サーバー容量で比較してみると、エックスサーバーの方が20GBですが、
ギガレンタルサーバーは、10GBです。10GB以上あれば、
よっぽどの使用で無い限り、容量オーバーにはなりませんが、
できるだけ容量が多い方を選びたいのであれば、エックスサーバーをお勧めします。
※ギガレンタルサーバーは、22年より容量が20GB~となりました。

ただ、ギガレンタルサーバーでは、料金プランにより容量を大きく増やせますので、
そういった意味では、どちらでも良い!と言う判断になります。
むしろ、データベース等が無制限ですので、使い方によってはこちらをお勧めします。

データベース容量

エックスサーバーでは、上記表の通り制限されていますが、
これは、サーバーの安定性を維持する目的ということですので、
共有レンタルサーバーを利用するユーザとしては、ある意味いいと思います。

ですが、いざ利用するとなると、やはり容量制限が無い方が利用しやすいと思います。
というのも、勿論、共有サーバーである以上、制限があることはわかっていますが、
容量を気にせず利用したいと思う方もいると思うからです。どちらを選択されるかは、自由です。

データベース数

エックスサーバーでは、データベース数が30個と制限されていますが、
ギガレンタルサーバーでは、無制限に追加設定が可能です。
ただ、データベースをそこまで利用することがあるの?という部分に関して、
個人の場合、よっぽどの目的が無い限り、利用しない場合が多いと思います。
(WPの複数インストールや、独自CGIの利用など)

CMSインストール機能

MTやWPなどのCMSを自動で簡単にインストールしてくれる便利な機能ですが、
両者共にほとんどのCMSをインストールすることができます。
ということで、便利度は、共に◎です。

DNSレコード編集機能

さて、DNSレコード編集機能なんですが、
エックスサーバーでは、管理画面より自由に編集可能です。
ただ、上級者向けの機能となっているので、編集される場合は、自己判断でお願いします。

一方で、ギガレンタルサーバーでは、レコード編集は、
サーバー側がユーザの要望をメールにて聞いて、編集するといった形をとっています。
ということで、編集ミスなどが起こりにくいと言う意味でいいかもしれませんね。

バックアップ機能

バックアップ機能に関しては、両者サーバー共についています。
しかし、エックスサーバーでは、ホームディレクトリ のバックアップしか出来ません。
(データベースは各自バックアップが必要です。)

一方で、ギガレンタルサーバーでは、ホームディレクトリ だけでなく、
MySQLデータベース 、Eメール転送設定 、Eメールフィルタ設定までバックアップが可能で、 
さらに、復元機能もついており、一発で復旧させることができます。


エックスサーバーとギガレンタルサーバーのサービス・操作性比較

操作性、つまりコントロールパネル(管理画面)の使いやすさ、管理のしやすさについて比較すると
両者ともに使いやすい設計となっていますが、エックスサーバーの方が利用者が多い分評判は良いです。
ギガレンタルサーバーの方は、アイコンによる操作となっており、エックスサーバーより操作範囲が広くて、
長期的に利用する場合、お勧めできます。


エックスサーバーとギガレンタルサーバーの価格比較

月額費用で比較してみると、エックスサーバーは、1050円(X10プラン)です。
ギガレンタルサーバーは、年間では749円(10Gプラン)です。
ということで、料金的にはギガレンタルサーバーの方がお値打ちです。
さらに、クレジット決済により初期費用が0円となっています。詳しくは、公式ページよりご確認ください。

エックスサーバーを選ぶ方 ギガレンタルサーバーを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

エックスサーバーとクローバーレンタルサーバーのガチンコ比較

4月 3rd, 2010 by アフィリエイトのためのレンタルサーバー比較ランキング


エックスサーバーとクローバーレンタルサーバー

エックスサーバーとクローバーレンタルサーバーについて、
どちらにしようか検討されている方に向けて、
何がどう違うのか?等の参考に是非ご覧ください。

ガチンコ比較ということで、レンタルサーバーを選ぶ際に、
チェックするであろう項目について、
それぞれを比較し当サイトからのコメントお伝えします。

※エックスサーバーは、X10プランを基準にお伝えいたします。


エックスサーバーとクローバーレンタルサーバーの機能比較

比較項目 エックスサーバー クローバーレンタルサーバー
サーバー容量 20GB 100GB
データ転送量 60GB/月 特に制限なし
CMSインストール機能
ドメイン設定数 無制限 無制限
データベース数 5~30個 50個
データベース容量 50~100MB 制限なし
cron機能
DNSレコード編集


エックスサーバーとクローバーレンタルサーバー

まず気になる機能面で比較してみると、
エックスサーバー、クローバーレンタルサーバー共に、
マルチドメイン対応ですし、独自ドメイン、サブドメイン共に、
無制限に追加設定ができます。

複数サイトを運営するアフィリエイターさんには、かなり良い環境となっています。
さて、二つのレンタルサーバーを機能で徹底的に比較すると、
一体どこが異なっているのか?

サーバー容量

エックスサーバーでは、ウェブとメールに利用できるサーバー容量は、20GB~ですが、
クローバーレンタルサーバーでは、100GBとなっており、
この点で言えば、クローバーレンタルサーバーの方が自由度あるサーバーと言えます。
ただ、どちらも非常に大容量となっていますので、個人で利用する範囲であれば、共に十分高機能です。

データベース容量

データベース容量に関して、エックスサーバーでは、容量制限があり、
MySQL4では、50MB、MySQL5では100MBとなっております。
一方で、クローバーレンタルサーバーでは、
特にデータベースに関して、容量に制限を設けていません。

データベース数

エックスサーバーは、データベース数が30個(MySQL5)に対して、
クローバーレンタルサーバーは、50個(MySQL5)利用することができます。
どちらも、十分過ぎる数ですので、WPの複数インストールも十分可能ですし、
マルチドメイン対応なので、全て別ドメインでの運営も可能です。

CMSインストール機能

どちらもCMS(MovableTypeOpenSourceやWordPress等)の自動インストール機能がついています。
ただ、クローバーレンタルサーバーでは、MTとWPのみとなっています(現状)。
一方で、エックスサーバーでは、それ以外にも、コミュニティサイトが作成できるXOOPS Cubeや、
ショッピングサイトが構築できるosCommerce 日本語版、Zen Cart 日本語版が自動インストールできます。
ということで、ネットショップ運営も視野に入れている場合、エックスサーバーがお勧めです。

DNSレコード編集機能

この機能は、個人使用の場合、そこまで利用することは無いと思いますが、
G-mailを独自ドメインで利用したいといった場合に必要となる機能です。
エックスサーバーでは、サーバー管理画面でレコード編集が可能ですが、
クローバーレンタルサーバーでは、管理画面ではできません。
ですので、ドメイン取得サービスでの変更が必要となります。(スタードメインでは勿論レコード編集可能)

バックアップ機能

レンタルサーバーを利用する場合、バックアップ機能はある方が、個人で利用する場合でも安心できますよね。
無いより、あった方がいいですよ。エックスサーバーは、アップロードしたファイルの、
バックアップをサーバー側で簡単にできます。
一方で、クローバーレンタルサーバーは、そういった機能がありません。
今度どうなるのか?はわかりませんが、要望しだいで追加される可能性はあると思います。


エックスサーバーとクローバーレンタルサーバーのサービス・操作性比較


エックスサーバーとクローバーレンタルサーバー

レンタルサーバーを初めて利用される方は、
どうしても、サーバーの使いがってが良いところ。
操作しやすい管理画面であることが、一つの決め手ではないでしょうか?

当サイトでは、基本的にアフィリエイターや、個人でサイト運営される方に向けて、
レンタルサーバーをご紹介しているので、難しい操作よりも、
比較的容易に操作・管理ができる、サーバーをお勧めしています。

そういった点では、エックスサーバー、クローバーレンタルサーバー共に、
非常に簡単な管理画面の設計となっています。
当サイトでは、個別に管理画面を画像で表示しているので、
詳しくは評価ページ(料金スペックページ)をご覧ください。


エックスサーバーとクローバーレンタルサーバーの価格比較

個人で利用される場合、機能もそうですが、できるだけ安いところがいい、と考えている方もいると思います。
そういった価格で比較する場合、エックスサーバーの方が、月額費用で500円ほど安いです。

年間費用で比較すると、6000円ほど違いがでてきます。
ただ、クローバーレンタルサーバーの場合、スタードメインを利用してドメイン等を取得する場合、
専用のポイントがつきますので、安くなることはあります。(詳しくは公式ページよりお願いします)

エックスサーバーを選ぶ方 クローバーレンタルサーバーを選ぶ方

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら

評価ページはこちら
 

公式ページはこちら
LinkDock.com You found linkdock.com, so will your customers. It's a great label for your website and will help you define your identity on the Web.